ご訪問ありがとうございます。楽しんで頂けると嬉しいなぁ♪
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< いってきます | main | 冬の京都 えーでんに乗って >>
冬の京都 上賀茂神社〜下鴨神社

再び、京都まで弾丸トラベラーしてきました。
今回の旅の道連れは、妹のKちゃん。姉妹だと気兼ねしなくて、楽よ〜


今回の旅は初日は建造物&庭園LOVEの私の望みを叶えてもらいました。
京都駅に着くなり、荷物をコインロッカーに預け、市バスで向った先は、
世界遺産の上賀茂神社。

 
でも、最初に向った先は上賀茂神社前にある、神馬堂
ここの焼餅(120円)が食べてみたくて、売れ切れちゃ大変とばかりに
神社へお参りする前に、食べちゃいました。
しかし、あまりの小ぶりサイズにちょっとガッカリ・・・ 

 
気を取り直して、上賀茂神社へ参拝。ここは雷神が鎮座する京都最古の神社。
境内の右側には樹齢ナン百年なんでしょうか?しだれ桜の木が堂々とした佇まいで
ありました。きっと来年も美しい桜を咲かすのでしょうね。
右の写真は、「立て砂」。ここは神が降り立つ場所といわれてますが、立て砂の
まわりの拝殿が改修中でのため、荘厳な雰囲気ではありませんでした


本殿でお参りしてたら、結婚式をあげるカップルを見ました。
着物姿の花嫁さんが一段一段手を引かれ階段をゆっくり歩く姿に
うっとり魅入りました。こういう古式ゆかしい結婚式もステキですね。
写真は上賀茂神社の朱塗りの桜門。パラパラと小雨が降ったりして、
なかなかうまく写真が撮れなかったけど、華やかな雰囲気でしょ?

市バスに乗って次に向った先は、下鴨神社。こちらも世界遺産です。
境内には十二支の神様が祭られた社殿が並び、ちょっと不思議な空間でした。

 
縁結びの神様。女の子達がおみくじを引いてたなぁ〜。
桜門をくぐると、来年の干支のうさぎが描かれた大きな絵馬が奉られてました。
そういえば、まだ年賀状を書いてなかった・・・


下鴨神社までの参道は、糺の森という鎮守の森が続いてます。
こちらの紅葉は遅咲きのため、思いがけず京都の秋を楽しめました


加茂川(鴨川?)と高野川に掛かる飛び石。
止せばいいのに、妹とここを渡ったんですよ
思ったよりも川の流れが早くて腰が引けました。はぁ〜、恐かった

 
出町のデルタで遊んだ後は、豆餅で有名な出町ふたばへ。
噂通りのすごい行列でしたが、お店の人の手際が良いので、すぐに
順番が来ました。私は名大豆餅。妹は秋限定の栗餅。
塩味の効いたお豆と餡子の甘みが良い加減で、すごく美味しかった〜
おみやげに欲しかったけど、日帰りじゃないので諦めました
甘いものを食べたけど、この後は予約を入れていたお店にランチしに行きました。


ランチは前もって予約を入れていた、出町ろろろへ。
限定20食のろろろ弁当(1,050円)。一段目は、豆皿に盛られた八寸と呼ばれる
おばんざい料理が出てきました。それぞれ味付けが異なり、目も舌も楽しませて
もらいましたが、男性にはちょっと物足りないかも?


二段目には、土鍋で炊いたご飯と、ふわふわの出し巻き卵、九条ネギと
かぶらのかき揚げ。ご飯のおこげが香ばしかったし、かき揚げもネギの
パリパリした食感とかぶらのトロリとした舌触りが合ってて、美味しかった〜

 
出町ろろろのこじんまりとした外観。ご夫婦で切り盛りしているため、予約必須。
食後は移動のため、橋から出町デルタを眺めました。あの飛び石を渡ったんだなぁ〜、
とつくづく考えると、ブルッ

この後は叡山電車に乗って、一乗寺に出発〜(しばらく続きます)

スポンサーサイト
COMMENT