ご訪問ありがとうございます。楽しんで頂けると嬉しいなぁ♪
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

冬の京都 食べまくりの2日間

あう〜。連日のANYAネタやら、ライブネタやらで、うっかり今年もあと1日を
残すところなのに、今更ながら、京都の旅の続きでございますぅ〜


そんな訳(どんな訳?)、2日目のランチも予約しました。
数ある名店の中から悩んだ末に、グレープフルーツプリン目当てに、
六角通にあるGaspard ZINZINをお選択

 
看板メニューの大人のお子様ランチ(1,150円)。
月替わりのスープはクラムチャウダー。
パスタはペンネのアマトリチャーナ風。
メインは、さっぱりと行きたかったので、私は帆立貝のポアレ 天然塩と
フレッシュレモン添え。妹は鳥もも肉のコンフィ粒マスタード添え。
大きめのプレート皿に乗せられた料理は、どれもこれも美味で
盛り付け方も女子好みのお店でした


デザートのグレープフルーツプリンは爽やかで甘くて、ちょっぴり苦い
不思議な味。エスプレッソと良く合います。


食後の最後の散策場所は、千体もの千手観音像がある三十三間堂(画像は拝借)。
仏像ガールの妹のリクエストに答えた感じだったけど、私も十分楽しめました。
そうそう、ここにも阿修羅像がいたんですが、興福寺の阿修羅像よりも
ポッチャリ気味で迫力に欠けたような?作者によって違うのねぇ〜
この後は、お土産探しで錦市場を覗いたり、祇園方面を散策したりで、すっかり
日も暮れたし、寒くなったので、「喉が渇いたねぇ〜。」といいつつ、カフェ探し。


妹が京都らしくレトロな喫茶店に行きたいというので、
最初は河原町のソワレに行こうと思ったんですが、寒くてゼリーポンチは
いただけない と思い、フランソア喫茶室に入りました。
ちなみに、ここのカフェオレ、かなり私好みでした〜

 
ケーキセットを頼んだんですが、何が美味しいのか判らなかったので、
お店の人のお奨めで、私はザッハトルテ、妹はレアチーズケーキを満喫。
京都の旅は、こんな感じであちこち歩き回っては、食べてばっかり・・・
でも、家に帰って体重を計ったら、少し痩せてました。妹曰く、一日3万歩は
歩いてたといってたので、食べた分はすべて消化できたみたいですね
美味しいモノ食べて、痩せられる旅って京都だからできたんじゃないかなぁ?

 
そんでもって、今回も楽しい土産物たち。一乗寺中谷の三色お豆のタルトに、
大極殿本舗のカステイラ(かすてら)、小山園のティーパックのお茶、
一保堂茶舗の宇治清水、カルビーのご当地ポテトチップス。
他には、お漬物やおジャコ、手拭いに相方への土産のトートバッグetc・・・。


こんな感じで京都旅行を楽しんできました。
皆さま、長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました〜。
ついでながら、今年も一年我が家のblogにお越しいただいて、
ありがとうございました。それでは、良いお年をお迎えくださいませ

冬の京都 朝から寒がってました


今回の旅行もホテルは寝に帰るだけにしたので、もちろん、朝食もナシ。
そんな訳で、美味しいモーニングをいただきに朝の京都の町を散策。
京都の朝は寒い、寒い、さ・む・いぃぃぃ〜
そんな風にガタガタ震えながら、モーニングに選んだのは前田珈琲本店

 
モーニングセットの中から私はホットドッグ、妹はシンプルにトーストセットを
お選択。パンがもちもちしていて、ソーセージもジューシィーで大満足
パンを頬張っているうちに身体も温まり、段々ほっこりした気分になってきました。
付け合せのサラダが胡麻ドレッシングだったのも京都らしいなぁ。
ホテルの朝食バイキングも好きだけど、街の中でモーニングセットを
いただくのも旅の醍醐味ですね
この後は、JR奈良線で宇治へ向かいました。


向かった先は、源氏物語や10円玉のモチーフで親しまれている平等院。
今でこそこんな落ち着いた姿をしてますが、建立当時は朱塗りや金箔で
かなり派手な建物だったみたい。
鳳凰堂の中央には阿弥陀如来座像が鎮座していて、周りには雲中供養菩薩像が
飾られてました。こちらの鳳凰堂は左右対称になっているので、見た目が
かなりゴージャス


池がまるで鏡のように鳳凰堂を反射してました。
ここは建築物LOVEの私にも仏像GIRLの妹にも大満足の場所でしたよ
大きな藤棚があったので、春は更に華やかになるんだろうなぁ。

 
ここにも秋の名残が・・・。
風光明媚な平等院では落ち葉も絵になりました

 
せっかく宇治に来たんだからと、中村藤吉本店で生茶ゼリーをご堪能。
しかし、凍った竹筒に入ったゼリーを見たときは、一瞬ギョッとしちゃったわ
それでも一口食べると美味しぃぃぃっ〜 抹茶アイスも生茶ゼリーも
渋さがなくて餡子と良く合ってて寒くなってきたけど、美味いよ〜。

それにしても、私にとって今回の京都の旅は冷えとの戦いだったなぁ・・・





冬の京都 お土産探しとシトロン・ブレ

 
バスで東山三条に向かい、一澤信三郎帆布で相方の土産を選んだり、
地下鉄で京都市役所前から寺町通の一保堂茶舗で実家への土産を探したり。


パティスリー・カナエでマカロンを買い食い
このお店って、パティシエールの小林かなえさんのお店だったんですね。
家に本があるのに、全然知らなかった・・・


夕食はchebさんのblogで知ったシトロン・ブレを予約しました。

 
何食べよう?とメニューを見ながら選んだのは、サラダ・ニソワーズ。
写真だと判りにくいですが、ハーフサイズを選んだのに大皿で盛られて来たので、
ビックリ ブラックオリーブが良い塩梅で塩抜きされてて食べやすいの
暖かいものが欲しいと思い、金時ニンジンのポタージュをオーダー。
それにしても、妹はそんなに冷えてないのに、私だけ背中まで冷えちゃって
やっぱり年齢のせいで代謝が下がったてるのかなぁ〜

 
ラタトゥイユと京野菜のピクルス。野菜大好き〜。
ピクルスは良いおつまみです。お酒が進む、進む

 
栗生麩の塩ピーナツやソーセージの香草クレープ巻きなどの変り種の
串揚げいろいろ。ハーブやハイビスカス、カレーなど5種類の塩でいただきました。
衣が薄くて、どれもこれも食べやすくて美味しかった〜

 
デザートはchebさんがオーダーしたレモンチーズケーキはありませんでした
そんな訳で、私はレモンのブラマンジェ。妹はレモンタルトをお選択。
レモンのお店だけあって、レモンを使ったデザートが多いんですね。
こちらのお店はインテリアが北欧チックで落ち着けるのか、女子率高っ。
居心地良かったので、また訪ねに来たいなぁ〜

冬の京都 えーでんに乗って


えーでんに乗って降り立った先は、一乗寺にある詩仙堂。
こちらでは白砂を敷き詰めた枯山水の庭園が見られます。

 
敷地内に一歩は入ると、外の景色とは掛け離れた静寂に包まれて、
まるで時間が止まったかのよう・・・。
もう少し早い時期に訪れたら、見事な錦秋に彩られた世界を見ることが
できたかもしれなけど、冬には冬の美しさが感じらる庭園でした。


春にはサツキ、秋には紅葉。
四季折々の美しさを見せてくれる詩仙堂。
帰り際にふと振り向いたら、こんな景色が撮れました


そして、詩仙堂の帰りに立ち寄った和洋菓子のお店 一乗寺中谷では、
念願の絹ごし抹茶てぃらみす&コーヒーのセット(730円)をいただきました。
京都は思った以上に寒かったので、暖かいものを飲むとホッとするなぁ・・・

 
絹ごし抹茶てぃらみすですが、ふわふわでなめらかな生クリームの下から、
京都柳桜園のお抹茶を使ったムースが下に隠れてました。
これ、とっても美味〜 妹も美味しいと喜んでました。
お土産に買って帰りたかったけど日持ちしないので、でっち羊羹と
三色お豆のタルトをご購入

 
少し身体が温まったので、その後、サブカル本を扱う恵文社を覗いたり、
パン好きの妹のリクエストで東風(こち)という名のパン屋で買い物をしたり。
恵文社の本のセレクトって、可愛かったり、キモかったりでオモシロイ。
私はかなり好きかも

 
えーでんの雰囲気は鎌倉の江ノ電に似ているなぁ・・・。
帰りは市バスに乗って東山三条に向いました。そうそう、バスに乗ってたら、
ブルちゃん発見 かなりのわがままっ子のようでイヤイヤしてました〜

冬の京都 上賀茂神社〜下鴨神社

再び、京都まで弾丸トラベラーしてきました。
今回の旅の道連れは、妹のKちゃん。姉妹だと気兼ねしなくて、楽よ〜


今回の旅は初日は建造物&庭園LOVEの私の望みを叶えてもらいました。
京都駅に着くなり、荷物をコインロッカーに預け、市バスで向った先は、
世界遺産の上賀茂神社。

 
でも、最初に向った先は上賀茂神社前にある、神馬堂
ここの焼餅(120円)が食べてみたくて、売れ切れちゃ大変とばかりに
神社へお参りする前に、食べちゃいました。
しかし、あまりの小ぶりサイズにちょっとガッカリ・・・ 

 
気を取り直して、上賀茂神社へ参拝。ここは雷神が鎮座する京都最古の神社。
境内の右側には樹齢ナン百年なんでしょうか?しだれ桜の木が堂々とした佇まいで
ありました。きっと来年も美しい桜を咲かすのでしょうね。
右の写真は、「立て砂」。ここは神が降り立つ場所といわれてますが、立て砂の
まわりの拝殿が改修中でのため、荘厳な雰囲気ではありませんでした


本殿でお参りしてたら、結婚式をあげるカップルを見ました。
着物姿の花嫁さんが一段一段手を引かれ階段をゆっくり歩く姿に
うっとり魅入りました。こういう古式ゆかしい結婚式もステキですね。
写真は上賀茂神社の朱塗りの桜門。パラパラと小雨が降ったりして、
なかなかうまく写真が撮れなかったけど、華やかな雰囲気でしょ?

市バスに乗って次に向った先は、下鴨神社。こちらも世界遺産です。
境内には十二支の神様が祭られた社殿が並び、ちょっと不思議な空間でした。

 
縁結びの神様。女の子達がおみくじを引いてたなぁ〜。
桜門をくぐると、来年の干支のうさぎが描かれた大きな絵馬が奉られてました。
そういえば、まだ年賀状を書いてなかった・・・


下鴨神社までの参道は、糺の森という鎮守の森が続いてます。
こちらの紅葉は遅咲きのため、思いがけず京都の秋を楽しめました


加茂川(鴨川?)と高野川に掛かる飛び石。
止せばいいのに、妹とここを渡ったんですよ
思ったよりも川の流れが早くて腰が引けました。はぁ〜、恐かった

 
出町のデルタで遊んだ後は、豆餅で有名な出町ふたばへ。
噂通りのすごい行列でしたが、お店の人の手際が良いので、すぐに
順番が来ました。私は名大豆餅。妹は秋限定の栗餅。
塩味の効いたお豆と餡子の甘みが良い加減で、すごく美味しかった〜
おみやげに欲しかったけど、日帰りじゃないので諦めました
甘いものを食べたけど、この後は予約を入れていたお店にランチしに行きました。


ランチは前もって予約を入れていた、出町ろろろへ。
限定20食のろろろ弁当(1,050円)。一段目は、豆皿に盛られた八寸と呼ばれる
おばんざい料理が出てきました。それぞれ味付けが異なり、目も舌も楽しませて
もらいましたが、男性にはちょっと物足りないかも?


二段目には、土鍋で炊いたご飯と、ふわふわの出し巻き卵、九条ネギと
かぶらのかき揚げ。ご飯のおこげが香ばしかったし、かき揚げもネギの
パリパリした食感とかぶらのトロリとした舌触りが合ってて、美味しかった〜

 
出町ろろろのこじんまりとした外観。ご夫婦で切り盛りしているため、予約必須。
食後は移動のため、橋から出町デルタを眺めました。あの飛び石を渡ったんだなぁ〜、
とつくづく考えると、ブルッ

この後は叡山電車に乗って、一乗寺に出発〜(しばらく続きます)

京都の旅 乙女な買い物

今回の旅行は会社勤めをしていないので、気ままな買い物ができました


京都大丸で手に入れた満月阿闍梨餅
一見、おまんじゅうのような外見ですが、あなどるなかれ。
コレ、外皮はこんがり焼けたお餅なんですよ。もっちりした噛み応えと、
つぶあんがベストマッチで、かなり私好み
京都って、生八つ橋ばかりお土産でいただくけど、こんなに美味しいモノが
あったのね。だから 、これからは私への土産は阿闍梨餅にしてね〜

ところで、京都には京都大丸と藤井大丸という2つの大丸が存在するんですが、
最初、よく分からず藤井大丸に行ったら、阿闍梨餅が見つからず焦りました。
阿闍梨餅は京都大丸です。お間違いなく(京都高島屋、伊勢丹にもあったけど)

 
一保堂茶舗で見つけた宇治清水。抹茶よりほうじ茶が好きな私はここで
買い物することはないかな?と思っていたら、店内でコチラを発見
これはいつも可愛らしい京都を教えてくれるchebさんのblogで紹介されたモノ。
抹茶にグラニュー糖が入った粉末のお茶で、私はミルクを足して抹茶オレにして
いただいてます


肝心のお茶ですが、缶包みの鳥獣戯画の可愛らしさで柳桜園茶舗
かりがねほうじ茶 香悦を買いました。
実は、お店を探すとき、私たちはガイドブックをホテルに忘れてしまい、
店名を「ガリガリ茶」と思い込み見つけられなかったというオチあり・・・
後ほどガイドブックを取りに戻り、再び店名を調べたら、まったく違う名前
だったので、見つかるはずないよね・・・

 
錦市場でも買い物しました。
打田のお漬物。試食して気に入ったモノをちょこっと買いました。
西瓜の奈良漬、大根を昆布とカツオ節で漬けたおんぶ漬、山芋のわさび漬け。
やっぱり、お漬物はご飯のお供に合いますね


村上開新堂ではロシアケーキを買いました。
レーズン、ぶどうジャムサンド、アプリコット、ゆずジャムサンド、チョコレートの
5種類を2つずつ。
食べた感想は、子供のころに食べた懐かしい感じというか、素朴な味。
ゆずジャムサンドはしっとりしていて、好みの味でした

ところで、こちらのお店は東京にもありますよね?
東京のお店は一見さんお断りだったので、京都も一緒かしら?
と思ったけど、すんなり接客してもらえて良かった〜


先斗町の店先に飾られていた提灯。
赤い鳥が可愛い。

以上で、私の京都旅行記は終了〜。
本当は、上賀茂神社と下鴨神社にも行く予定だったんだけど、時間配分が
うまく行かず、今回は実現できなかったのが残念
詩仙堂や東福寺なんかも観たかったなぁ・・・。
でも、今回行けなかったところは次回の京都旅行でリベンジね
そんな訳で、皆さま、京都旅行記を楽しんでいただけたましたでしょうか?
長々とお付き合いありがとうございました〜

京都の旅 南禅寺〜銀閣寺

寺町通でうっかり遊んじゃったので、この日の予定が大幅に狂って
しまいました
慌てて地下鉄東西線に乗り込み、目的の南禅寺がある蹴上駅へ。
ちなみに、私とN嬢はずっと蹴上駅のことを「けりあげ」と
思い込んでたけど、本当は「けあげ」と読むんですね
今考えると、電車の中で「けりあげ」、「けりあげ」と大声で何度も
しゃべってたことが、恥ずかしい〜


そんなこんなで、南禅寺。厳かな雰囲気のただよう寺院ですね。
私が一番好きなところです。失恋した女子にも似合いそうな寺だけど、
それは大原 三千院か・・・ 南禅寺はJR東海ツアーズのCMのせいで
秋のイメージが強いですね。紅葉シーズンにぜひもう一度来てみたいなぁ・・・

山門     水路閣

 
方丈庭園。現実的な女2人旅なので、行き届いた庭園を見つめながら、
「京都の造園家はみな儲かるんだろうなぁ。」
なんて、勝手なおしゃべりばかりしてました


哲学の道。桜の並木道が連なります
桜の咲くころは桜色の美しいトンネルができるのでしょうけど、
ものすごく混雑するのでしょうね。恐ろしい・・・
桜の枝をよく見ると、ピンク色に芽吹いた桜のつぼみが見えました。
京都の春ももうすぐですね。

        
銀閣寺へ向う途中にある大豊神社。こちらは可愛らしい狛ねずみがいます。
こちらの神社は小さいながらも椿が美しい神社でした。必見の価値あり


銀閣寺と向月台。今回の旅、4つめの世界遺産。
それにしても、銀閣寺って、ベストショットが難しい・・・

このあと、出町柳駅まで移動して、下鴨神社(こちらも世界遺産)へ行こうと
思ったんですが、お土産もまだ買ってなかったので、時間的にすでに無理
(すでに、永観堂、法然院は諦めた)

そんな訳で、残りの世界遺産ツアーは次回に持ち越しだぁ〜

京都の旅 レトロな寺町散策

スマート珈琲で美味しい朝ごはんを食べたあと、お土産物を探しに
寺町通りを散策いたしました。

 
お店の中が暗くて開店してるのか心配になった、村上開新堂
ものすごい人気のお店だと聞いていたので、AM10:00開店と同時に
お店に直行したら、お客は私たちのほかは誰もいなくて、あっけなく
妹のリクエストのロシアケーキをご購入〜
ちなみに、店内のレトロなショーケースの一番下の包みは、みな予約済みの箱
だそうです。やっぱり、すごい人気のお店なのね、侮れないわ

 
少し歩くと、日本茶の一保堂茶舗がありました。
こちらはレトロモダンな立派な店構えをしてました。店内に入ると、
お茶を試飲させていただけます。隣りには嘉木という喫茶室があったので、
後ほどお茶しに戻りました。


喫茶 嘉木にて。
極上ほうじ茶(410円)をオーダーしたら、生菓子とポットと時計が一緒に
出てきて、お店の人に美味しいほうじ茶の入れ方を伝授してもらいました。

1杯目は、急須にお湯を足して、湯飲みにお茶を注ぐまで20秒。ほうじ茶は
すぐ葉が開くそうです。そして、お茶の苦味が残らないように、最後の一滴まで
注ぎ切ること。急須を揺すってもいけない。
2杯目は、お茶の葉が開いてるので、お湯を足したら待たずに湯飲みに注ぐこと。
そのやり方で、3杯まで美味しくいただけるそうです。

う〜ん、お茶の世界は奥深い・・・
京都はお天気は良かったけど、寒かったので暖かいお茶を飲むとホッとしますね

京都の旅 念願の卵サンド

昨夜、テレビ朝日の旅の香りで京都の特集をやってましたね
私たちが歩いたところがテレビで映し出されるたびに、懐かしくなりました。
なんでこんなに郷愁に駆られるんだろう?また、京都に行きたいよ〜
ちなみに、テレビを見ているうちに、だんだん気分が悪くなって、
エリンの夕食を作ってるうちに立ってられなくなってしまい、とうとう寝込んで
しまいました 今ごろ旅行疲れが出たのかなぁ?
今もちょっと本調子ではないのですが、つくづく若くはないんだと実感・・・


さて、話は愉しかった京都旅行に戻って
今回の京都旅行は食事がまったく付いてないので、朝食は以前から
行ってみたかったスマート珈琲店
AM8:00開店だったので、早起きして行ってきました。


お目当ての卵サンド。コレ食べたくてココに来たのよ
秘密のケンミンショーでも紹介されてたけど、関西は卵焼きサンドなんですね。
ちなみに、東京大丸の中にあるイノダコーヒは何故か、ゆで卵のサンドイッチ
なんですよね。こんなところは関西風で貫いてほしいわ

バター&マスタードが塗られた食パンに、焼きたての卵焼きのみが挟んである
至ってシンプルなサンドイッチ。卵がフワフワして暖かくて、美味しいよ〜

 
卵サンドの他に、カフェオレとハム&野菜のミックスサンドをオーダー。
野菜サンドには白アスパラが挟んであって、これまた珍しい。
カフェオレ、かな〜り私好みの味で何度も飲みたくなりました


寺町通りのアーケードの中に佇むスマート珈琲。
ノスタルジックな雰囲気のお店ですが、常連さんと一見さんであっという間に
店内は満席。サラリーマンもいれば、OLさんらしき1人客や、近所の
おっちゃんに、ガイドブックを手にした観光客たち。客層もみなバラバラ。
京都にはこんなノスタルジックで愛される珈琲屋さんが多いんですね。
古きよきものを大切にしてるのでしょうね。
東京にはこういうお店って、あんまり無いから羨ましいなぁ・・・

京都の旅 二条城〜金閣寺

豆寅で美味しいランチをいただいた後は、またもや京都観光。
地下鉄東西線でたどり着いたところは、徳川15代将軍慶喜が大政奉還を
発表した二条城。こちらも世界遺産ですね


大政奉還が行われた大広間がある、二の丸御殿。
靴を脱いで中に入りましたが、すんごく寒かった 昔の人はよく耐えれたね。

 
二の丸御殿の天井絵。キレイだったので写真を撮ってたら、撮影禁止でした
城内の庭園は松の手入れが素晴らしかったです。まるで、リアル盆栽ね・・・

 
美しい二の丸庭園と、天守閣跡から見下ろした庭園。天守閣跡の階段は
段差が高くて、怖かったです。しかも歩き疲れて、筋肉がブルブル震えるし・・・

二条城を見たあとは、午後4時半ごろにやっと金閣寺に到着。
西日を浴びて、これでもかっ!とgoldに輝いて自己主張しておりました
金閣寺って、とにかく派手ですね。
こんな建物は他にはないだろうなぁ・・・。


日も沈み、寺院もみな閉館時間になっちゃったので、ここでやっと休憩。
和カフェに行きた〜い!とガイドブック片手に訪れたのは、京きなな
午後5時半を過ぎてたけど、店の中に入ると、行列が・・・


悩み続けた末にオーダーしたのは、ベリーベリーきなな1,050円。
3種のきななアイス(プレーン、黒ごま、抹茶)とラズベリー、
アメリカンチェリー、白玉、ブルーベリーヨーグルト、コーンフレークの
代わりに小さく砕かれた八つ橋が入ってるところが京都らしいですね
甘酸っぱいベリーと、きなこアイスのなめらかな口どけが
歩き疲れた身体を優しく癒してくれました♪

この後は夜ご飯のお店を探しに、三条方面をグルグルと歩き回り、
N嬢の希望で、おばんざい 菜の花へ。
予約していなかったので、入れるかどうか心配だったけど、
シーズンオフだから大丈夫。すんなり入れました。ラッキー

 
写真はおばんざいの一例。何を頼んでよいのか分からなかったので、
コースをお選択。生麩の田楽やじゃこ山椒、季節野菜が入った天ぷらなど、
どれも美味しかったです。でも、次から次に料理が出てくるので、途中でギブアップ
それでも、デザートの豆乳プリンは美味しかったので、全部食べました。
やっぱ、甘い物は別腹だヨン

食後は滞在しているホテル(京都ロイヤルホテル&スパ)の近くに本能寺が
あると知り、所在だけ確かめに行きました。でも、やっぱり、扉は閉まってた
「じゃあ、また明日観にこよう!」とN嬢と話しながら初日の旅は終了〜