ご訪問ありがとうございます。楽しんで頂けると嬉しいなぁ♪
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリスマスの約束?

の国では今宵、吉井サンタがステキなプレゼントを
贈ってくれたのでしょうね。羨ましい・・・。


私のサンタは午前11時15分にドトールにやって来ました。
ただ今、小田さんの『クリスマスの約束』を観てるので、詳細はまた後日。

本当にジャイアント

朝日の夕刊に載ってた記事で。


リーリーもシンシンも過去最高にデカく育ったパンダだそうです
大丈夫なのかしらね・・・?

Shine and Eternity

8月になっちゃいましたね。節電やら我が家のPC自体の動きが鈍いので、
すっかりblog更新する気が起きない・・・
それにSALEも行かなかったから、買い物ネタも無いし
仕方ないので、恒例の(?)我が家のANYA HINDMARCHのバッグを
集めてみました。こうして見ると、ひと通りの型は揃ったかなぁ〜?


ANYAやっぱり可愛いなぁ
40代に入り、私自身の生活パターン(フルタイム労働→扶養枠内パートタイム
労働)やモノへの価値観が少しづつ変わり始めたため、身の回りのモノ、特に、
洋服とバッグをあれこれ処分しました。
かなりの量を処分したため、今では、クローゼットの中には衣替えせずに
1年分の洋服とバッグが余裕で収まってます。いらないモノ多かったんだなぁ・・・。

そして、3月11日以降、モノとの付き合い方が、さらに変化。
何か起きたとき、ほとんどのモノは置いて逃げるかも?とか、バッグばかり
増え続けても意味無いかも?とか考えるようになりました。


そんな中、「捨てられない人」の相方が『断捨離』に夢中になったりして。
結婚当初、相方の持ってきたモノの多さにかなり驚かされたんですが、
そんな人が読後、次々に自分の洋服や本、CDなどを処分していく姿を見て、
いったいどんな内容かしら?と好奇心で読んでみたら、私もどっぷり
肩まで浸かっちゃった
そんな訳で、読後、時間を見つけては家中の不要なモノを処分していく日々。
家中片付いて良いわぁモノが少ないと掃除が楽ね。

そんでもって、とどめが、同じマンションのワンコ仲間のM代さん。
私が専業主婦になったので、以前よりも頻繁にお話しする機会が
増えたのがきっかけで、先日、我が家にお招きしたとき、
私の処分途中のダンボール箱の中身(ブランド小物やアクセ等)を見て、
「どうするの?」と聞かれたので、
「もう飽きちゃったから、売るの。」と答えたら、
「そんなすぐに飽きちゃうモノばかり買わないで、一生付き合っていく覚悟の
モノを手に入れなくちゃダメだよ!」
と力説されちゃいました
そんなM代さん、ブランドモノは多くはもっていないといいつつも、25歳で
エルメスのバーキン、30代前半でケリー、少し前に夫婦兼用でボッテカ・ヴェネタの
カバを購入したとのこと。ちなみに、カバとは確か、80万円くらいするジュエリーの
ようなバッグ中途半端なモノは買わない主義とのこと。スゴイッ
その上、30代後半からはティファニーのセレブレーションリングを毎年1つづつ
手に入れてて、指にはダイヤモンドがキラ星のように輝かしい。
聞けば聞くほど、その迷いのない買い物の仕方にただただ驚くばかり。
私自身は移り気な性格ゆえに、本当に欲しいモノを手に入れることが
なかなかできない・・・
なので、この話、ためになったというか、打ちのめされたというか・・・


ちなみに、私のANYAちゃん。全部で11個のバッグがありました。
ちょっと揺れてるんだよねぇ・・・。

  ♪ フル回転の欲望は たまらず止まらず叫びだす ♪

                        by Sweet & Sweet

まぁ、何が言いたいのかというと、ジュエリー買うことにしたので、
ANYAはこれでオシマイッ(本当かな?)

鳥の刺繍


表参道のLONGCHAMPにて。
kate Moss for Longchampのボストンバッグが気になりつつも・・・。


実際に買ったのは、こちらのピンクのミニトートバッグ。
鳥の刺繍に惹かれましたが、私のではありませぬぅ〜。

ぼやっとしてたら、東京も入梅しちゃったのねぇ〜

思うこと

東北・関東地方を襲った大震災から10日ほど経ちました。
その間、いろいろブログに書きたいことがあったのですが、計画停電や被災地の
現状を考えるとPCを立ち上げることも控えた方が良いと思いました。
それに、私の気持ちは他のブロガー様たちがそれぞれ代弁してくれている。
皆、被災地の人々のために同じ気持ちでいるんですね。
そんな訳で、この3連休は計画停電も解除されているし、なるべく簡素ながら
ブログ更新をさせていただこうと思います。

今回の震災で相方がクローゼットの奥から『非常用持出袋』を出してきて
くれました(リュックではなかった )。
中にはペットボトルの水2本、乾パン、レジャーシート、カイロ、懐中電灯etc。
「もし、震災に遭ったら、これとエリンを連れて逃げて。」
と、まもなく南の島へ逃避行出張する相方にいわれたけど、この袋かなり重い
これを持ってエリンを抱いて逃げるのは無理じゃないかなぁ〜?私のことだから、
多分、袋の中身を出して、その袋にエリンだけ詰めて逃げるような気がします。


だって、今の私の人生は、この方を抜きには語れない・・・。

ちなみに、私の非常時の優先順位は、

 1.エリン&エリンの身の回りのモノ
 2.ケータイ・現金・通帳・ipod(吉井さんの歌を聴いていたい)
 3.宝飾品(場合によっては換金できるため)

何が大切なのか判ってるから、ANYAもkateも全部見捨てるだろうなぁ・・・。



THE KING'S SPEECH

今日はお仕事休み〜
午前中にネイルサロンに行って、その後、妹と映画を観に行きました。


観たのは、アカデミー賞に輝いた、英国王のスピーチ
ところどころで、くすりっ、と笑わせてもらいつつも、実話をもとにした話だと
いうから、こりゃあ、かなり悲惨なお話なんですよねぇ・・・。
でも、人生って、本当に困ってるときには救いの手が現れるというか、
この主人公ジョージ6世(吃音で悩んでいる)にも運命の相手が現れます。
スピーチ矯正師ローグとの出逢いで、やがて本物の英国王になっていく、
その過程が徐々にドラマティックに描かれてて、静かな興奮が沸いてきます。
映画のラストは、折りしも暗い時代に突入するというのに、爽やかな感動を
与えてくれるので、不思議な気分でした。
あっ、それと、視点が変わると兄エドワード8世(後のウィンザー公)と
シンプソン夫人の王冠を架けた恋が、ただの色狂いのわがまま人間たちに
描かれてて、ちょっと気の毒だったなぁ・・・

いってきます


東京はすっかり真冬の寒さ
でも、落ち葉の中を歩くエリンの足取りは、とっても楽しそう。
ワンコにはこれくらいの寒さはまだまだみたいですね。

はたして、京都の寒さはどのくらいかしら?
そんな訳で、これから京都に行ってきま〜す

構ってもらいました


ヴァンクリに行ったら、チョコレートもらっちゃいました〜

・・・でも、何にも買ってないよ。

パリジェンヌな旅
11月になったので、今日はとうとうトレンチコートを出しました。
私にとっては初トレンチでしたが、意外と着易かったので、
こんなことなら、もっと早く手に入れとけば良かったなぁ〜。


今日はお仕事だったので、帰りに青山のDEUXIEME CLASSEに寄り道。
ショップスタッフさんが目敏く私のトレンチに気づいて、何も買ってないのに
カタログを下さいました。どうもありがちょー
ただいま、ドゥーではAIR FRANCEとのタイアップ中で、青山の店内は
旅をテーマにディスプレイされていて、見ていてワクワクさせられます
少し前のブリティッシュがテーマだったときに比べて、お店も明るくなった感じ。

 
やっぱり、ドゥーのお洋服はどれもこれも好みだなぁ〜。
十三人の刺客


先日、相方が観たがったので、『十三人の刺客』を観に行きました。
私は、『悪人』が観たかったが・・・
時代劇って、「ナントカつかまつりそうろう・・・。」などの時代劇語が
分かりにくいから好きじゃないですよね、ホント。
でも、予想に反して面白かったです。
お話は、SMAPのゴローちゃん演じる将軍の弟の残虐非道極まりない
暴政に対し、内密に刺客を送り、参勤交代の道中で討ち取る、という物語。
見せ場は暗殺の舞台となる宿場町での役所広司ら演じる13人の刺客VS
300余人の幕府側の侍たち。殺陣シーンは圧巻でした。

ゴローちゃんが魚の死んだような目で、力の入ってない、
非情なお殿様ぶりを発揮している姿より、個人的には、マユゲを
塗りつぶした女の子たちの方が、恐かったです・・・